病名略語でレセプトチェックしよう

ペースメーカーで自立支援医療と身体障害の書き方。1枚でいい?開始日は?

当院はペースメーカー導入前導入後で申請らしい。

ペースメーカの自立支援(更生医療)は一枚でいい

ペースメーカー導入前に身障適応相当ということで、自立支援医療を申請する。(自立支援は身体障害者がないと申請できない)

例えば、
11/5入院 11/9ペースメーカー手術 11/22退院 今後の外来診療・・・

導入前から身体障害者適応相当という前提だと、
自立支援は
11/5〜で1枚発行する。(自立支援は原則手術1回に対し1枚しか申請できない)

関連記事:整形で自立支援・更生医療の書き方の注意

一般的に自立支援はその必要期間のみだが、
入院期間のみにするか、ペースメーカー適応がその後の外来に響くなら
外来も適応したらいいらしいが・・具体的にマニュアルはない。
(自立支援は腎機能以外は原則3ヶ月以内)
給付範囲:心臓疾患の手術及びこれに伴う医療に限り、内科的治療は適応外、予防の手術検査は対象外
(これに伴うということから手術前も申請できる)

(導入前が相当じゃないと導入後で心臓機能1級になるので11/9〜だがそれだと自立支援だけ入院期間できない)

ペースメーカーは身体障害者診断書は2枚必要

導入前・導入後を用意する。

導入前 開始日(障害固定日の次の日など)完全房室ブロックなど病名開始日の次の日など
ペースメーカー適応と判断される
2枚目 ペースメーカー 無し
ペースメーカー適応度 メッツ1

導入後 開始日ペースメーカー手術日 1級 ペースメーカー植込み後日の次の日
ペースメーカー植え込み(R1.11.9)
将来再認定 要 3年後
2枚目 ペースメーカー 有り 2019/11
ペースメーカー適応度 メッツ1

★そしてパピルスで発行するため、胸部X線所見を書くコピーを添付する

病院の受付会計で勉強へ戻る。

おすすめ

腫瘍マーカーの疑い病名一覧。病名付けるとき楽です!

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:シャーレの算定の仕方
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定