病名略語でレセプトチェックしよう

腫瘍マーカーの疑い病名

腫瘍マーカーの主な適応疾一覧
腫瘍マーカーの疑い病名のつけ方は、以下の表を参考にし、検査項目が算定されたら、なになに癌の疑いとつければいいです。

分類   項目 食道 大腸 前立腺 子宮 卵巣 乳房 その他 診療報酬考・別算定可能
糖鎖系 T型 CA19-9                
CA50                
KMO-1            
SPan1                
U型 SLX            
NCC-ST-439              
母核 STN              
CA72-4                
CA54/61                        
構造
不明
CA15-3                        
DUPAN-2                   CEA又は尿中遊離フコースと同時測定の場合は1項目を算定
蛋白系 胎児性 CEA 膀胱 DUPAN-2または尿中遊離フコースと同時測定1項目を算定(別算定可)家族性大腸線種症
AFP                       AFPクレアチニン分画比又はPIVKAUと同時測定の場合は1項目を算定。(別算定可)肝硬変、慢性肝炎
BFP         腎・膀胱・睾丸  
尿中BFP                     膀胱。尿管  
糖蛋白 BCA225                        
CA125                   CA125,CA130又はCA602と同時測定の場合は1項目のみ算定。(別算可)子宮内膜症、治療前後に1回限り算定可能。主たるもののみ。
CA130                
CA602                
SCC                 頭頚部・皮膚  
PSA                        
γ-SM                        
SP-1                       繊毛  
尿中HCG-βコアフラグメント                     子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌が強く疑われる場合に算定。
酸素系 PAP                        
NSE                     神経芽細胞腫 PROGRPと同時測定の場合は1項目のみ算定。
エラスターゼ1                       別算可 急性・慢性膵炎
チミジンキナーゼ活性                       造血器 造血器腫瘍の診断又は治療効果測定のために行った場合
その他 TPA      
シフラ21-1                     悪性腫瘍の診断の確定又は転帰の決定までに1回限り算定、悪性腫瘍とすでに確定診断された場合は小細胞癌を除く肺癌の場合に限り腫瘍管理料を算定できる。
ProGRP                       NCEと同時測定の場合は1項目のみを算定。
PIVKA-U                       AFP又はAFPクレアチニン分画比と同時測定の場合は1項目のみ算定。
尿中遊離型フコース             CEA又はDUPAN-2と同時測定の場合は1項目のみ算定。
ICTP                       骨転移 乳癌・肺癌・前立腺癌であるとすでに確定診断がされ、骨転移のための検査を行い、その結果に基づき計画的な治療管理を行った場合。
NTx                       骨転移
PICP                       骨転移 前立腺であるとすでに確定診断され、骨転移のために検査を行い、その結果に基づき計画的な治療管理を行った場合に算定。

各種臓器の癌と腫瘍マーカー

肺癌

肺癌:SLX、CEA(癌胎児性抗原)
扁平上皮癌:SCC、シフラ

食道癌

SCC、シフラ

乳癌

CA15-3、CEA(癌胎児性抗原)

肝臓癌

AFP、PIVKA-U

胃・大腸癌

CEA、STN(シアリルTn抗原)

胆嚢・膵臓癌

CEA,CA19-9、CA-50、DUPAN-2、Span-1

卵巣癌・繊毛癌

卵巣癌:CA125,CA130、CA72-4
繊毛癌:HCG(ヒト繊毛性ゴナドトロピン)

前立腺癌

PSA(前立腺特異抗原)、γ-Sm(γ-セミノプロテイン、PAP(前立腺性酸性フォスファターゼ)