病名略語でレセプトチェックしよう

輸血の算定方法 計算方法

照射済みの血をつかっていたら血液照射取れない。
血液型を図っていれば高いほう48点をとる。
血液型は、輸血1回目だけ算定。 不規則抗体は毎月取れる。

1単位、シングル 200ml一袋=140ml
2単位、ダブル 400ml1袋=280ml
だから、RCC2単位というのは、血液400由来一袋のこと

800mlだとしても血液は比重が重いので(なんかおかしいが、)
実寸は280+280=560mlのため、保存血は3回足すことになる
クームスと交叉試験は400ml毎1回取れる

輸血の取り方。
本P524ぐらいを見る。
3日おきに輸血する人は 2回目以降からとる。

MAP400がでてくる。それをうちかえる。

初回のみ
400mlだと、200ml+それ以降で
1回目450+2回目350で800点になる。

正しい400ml使った場合

保存血液輸血200mlごと 
保存血輸血1回目
輸血の材料
交さ試験 30点
クームス試験 34店
Bborh式クロス 48点<血液型は一回図ればわかる

さらに
血液照射 110 <照射済みはとれないよ!!!!
不規則抗体検査 200 (輸血時のみ200点で通常は170点である。)

輸血管理料1 月一回
Ψ1回目の輸血 血液型48点
不規則抗体170点を200点に変更。
血液照射 280ml は放射線治療なので80番で算定する

例を元に、輸血の計算方法まとめ

保存血輸血1回目1120ml
赤血球膿厚液 4袋
血液交叉 4      =輸血血液と受血者の適合性図る
関節クームス 4    =輸血血液と受血者の適合性図る

輸血管理料200
不規則抗体1    =月一回   (突き詰めるなら1週間に1回を限度)
血液型 Bborh式クロス 48点で取るなら、ABO,Rh(D)42点を消す

80番で血液照射 1120ml

HIV-1.2 HIV抗体価消す理由は?

輸血後ウイルス検査、輸血の最終日から2か月後に取れる(最終輸血日をコメントで入れる)

医療事務向けレセプト算定技術へ戻る。

おすすめ

医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定