病名略語でレセプトチェックしよう

ウレアーゼ試験が陰性の後で尿素呼気を算定する

検診などのオプションで胃カメラをしたときについでにピロリ菌をウレアーゼ試験で調べたりします。
陽性であればランサップ、サワシリンなどで除菌が開始されますよね。
陰性の患者をそのまま返していませんか?

ウレアーゼ試験は、あくまで点での検査で菌が出ない場合もあります。
念のため、尿素呼気試験+ユービット1錠をし、薬飲んでから呼吸で胃全体の検査をすることで、 陰性であっても、"実は陽性だった"になる場合もあります。

胃カメラの後だと、そのまま尿素呼気試験で陽性なら除菌に持ち込めます。
大きな病院だと面倒でやらないだろうし、(健診部署のお手伝いが必要な為)
医者をバイトで回す病院だと、バトンタッチが面倒でやっていないかもしれません。

貪欲に患者数や医業収入を上げたいならば、事務が医者に”上記の流れになります”と説明すべきかもしれません。
ウレアーゼ試験とは胃カメラをしたときに行う生検でヘリコバクターピロリ菌をしらべる検査です。