病名略語でレセプトチェックしよう

病院は何もしないで売上を上げるには診断書など実費単価を上げること

総合病院が、新築移転するからどうしてもお金が欲しい、
経営が危うくなったらやる手段で、
患者単価を上げるには医療以外の部分もある。
例えば診断書など実費単価を上げること。
この実費の値段を上げることは「病院は何もしないで売上が上がる」
今の時代、売上が厳しく存続が厳しいなら地元にご協力頂くのはふつうのコト。
救急病院がクラウドファンディングでお金を集めないとやっていけない時代なんですから。

実費の単価は収入向上を簡単に想定できる

例えば事故診断書・明細書(自賠責用)1000円アップ
2000円×1月患者数50名×12ヶ月=年間120万売上げアップ。

訪問看護指示書の6ヶ月に1通の頻度を3カ月へ
40人ぐらい×3000円=年間12万

院内診断書を1000円アップ→1000×1月40通×12=年間48万

死亡診断書、保険会社診断書1000円アップなどなど…

たったこの4項目だけでも年間200万円上げれる。

他にもいっぱい有り、
すべての実費単価を全て500円から1000円上げてしまえば、
特定療養費を取っていないなら、とりあえず500円取ってみるとかすれば、
年間1000万円以上の売上アップもあり得ます。

病院の売り上げアップのレセプトへ戻る。

おすすめ

腫瘍マーカーの疑い病名一覧。病名付けるとき楽です!

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:シャーレの算定の仕方
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定