病名略語でレセプトチェックしよう

退職する医師の患者を横取り紹介状を阻止

退職する医師が患者を横取りしようとするので阻止ですぅ。
自分が退職すると決まったら、YESマン達に自分の患者のカルテを準備させて、電話して来院させて紹介状を自分の病院に書く。
病院への嫌がらせとして、自分の病院以外のクリニックとかにも紹介するわけです。

営業の頃、患者の同意書で電子カルテから患者データ抜き取りましたよ

私が医療器械営業の頃、ある市立病院の先生が開院するといって、患者に同意書を書かせ、電子カルテの情報をDVDROMなどで移動する悪質な行為を手伝ったことがあります。
その先生は、自分のクリニックで手術もできるようにしました。市立病院とよりも高度な機械を導入して…
昔から計画していたのです。

その頃は、その先生の担当だから当たり前のようにお手伝いしました。
市立病院と自分が開院するクリニックの電子カルテ、画像ファイリングシステムを同じにしてあって、すんなりとデータ移行完了。
結局、その市立病院の診療科は潰れました。
医者っていうのは普通の人間よりも賢いので裏で何を考えているかわかりませんね。

今回、私の職場のある診療科の先生が退職するので、患者を横取りしようとしているので、営業の頃とは違う、守りに徹しました。
結局数人ぐらいは患者を取られましたが、守りきれたと思いますよ。
その医者は患者の対応が悪かったのでどんどん患者は減少方向にあり、患者との信頼関係もできていなかったですから、横取りできなかったのは本人の自己責任でしょう。

紹介状を阻止ですぅ!

先生にかかりつけの患者に、先生が退職されるなります、
専門科ではないと見れない疾患であれば、その先生に紹介状を書いてもらうわけですが、 そうじゃなければ、違う日の常勤の医師のいる日に来て下さいね。
その日の外来は今後、応援の医師になりますからね。今後同じ日に来てもらっても大丈夫です。
というだけで大丈夫です。

診察室で退職する医師が、私が退職するので…と話を切り出しても、私は家の近くでいいですよ、いちいち遠くまで行けませんとかの返事になり、紹介状がかけなくなります。

会話にはマイナスイメージを出来るだけ取り払い、病院が患者を手放さないようにします。
病院が、自分の地域の患者を手放す事はあってはならないことです。
ある看護師が紹介状を退職する医者に頼むように患者を説得する場面があり、静止しました。
あほかと。誰が辞める医者のいう事を聞かないといけないのだ。

つーか自分の給料はどこから出ているのか知っているのか?
まったくとんでもない話です。