病名略語でレセプトチェックしよう

小児科、訪問リハビリと外来リハビリを同時にできるか?

訪問リハビリと訪問看護受けているが病院でも外来リハビリして欲しい。

小児科1才、例えば超低体重児(新生児)での訪問リハビリ月2回、訪問看護月1回を他の医療機関が指示して行っている。
同じ医療機関では訪問リハと通院リハどちらかに択べとなるはず、他の医療機関なら外来リハビリできるか?

1才で訪問は介護保険ではない

介護保険は40才以上(40才以上65才未満は特定疾病以外が医療保険)
(原則 医療と介護は併用禁止 介護優先)
1歳なので医療保険を使用している。

併用は可能なのでは?

訪問リハビリと外来リハビリを同時にできるか?

在宅リハは外来で来ることを想定されたものではないので一般的な取り扱いはない。
基本的に同一疾患の傷病名は 一つの医療機関が責任を持って実施するべき。(リハビリテーション第7部P543 4の3)
言語聴覚療法に係る疾患別リハは言語聴覚療法ができる保険機関が少ないことを考慮し、当分の間は別の医療機関で算定できる。障害児リハビリも、癌リハも認知症リハも。

取れるか取れないかは内容によってくる。

P543 4の3
言語聴覚療法(期間限定)
障害児リハビリ
が別医療機関で算定できることに準じることになると思うので どんなことをやっているのか詳記が必要と思われる。
(一次審査では突合審査しないが保険者ではするので将来的に減点の可能性有り)

○○病院から外来リハ目的で来院。○○病院の訪問リハはこれで、××病院の外来リハはこれですというもの。

○○病院の訪問リハが発達支援のリハビリだと、××病院の外来で発達支援のリハビリは同一内容なので不可ということになる。

おすすめ

医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定