病名略語でレセプトチェックしよう

最近の病院は事務長をコメディカルの天下りにする流れが主流

最近のグループ病院の経営では事務長をコメディカルにする流れが主流になっているらしい。
医療事務として現場で働いていると本当にやってられない。
一番給料を低く、人員を削減する対象が医療事務になっている流れになる。

公務員の天下りと一緒

コメディカルに高給を与える理由は、定年後の天下り先にすることと、コメディカルが事務のことを知らないかららしい。
知らないから上が思うように操りやすい、言いなりにしやすいかららしい。
ダメな上司ほど自分の周りにYESマンを集める傾向がある。
だから、こうしたコメディカルが事務長の病院は総務の人員が多い。
そして医療事務は少ない。

国家資格取得者は結局、総務と医療事務を馬鹿にしている

病院は国家資格取得者のカースト制度になっている。
総務や医療事務の職員は国家資格を取得していない。
医者もそうだけど、コメディカルは国家資格を取得していない事務員を馬鹿にしているわけである。

病院の事務長っていうのは、総務の経験者か、医療事務の経験者がなるという流れだったが、最近はコメディカルの定年後の天下り先になってしまった。

現場を知らない上司の下で働くのは本当にきついですよ。
コメディカルが事務長だと絶対に総務は暇になりますから。
暇な部署を見ながら働かないといけないのは辛いです。

これから医療事務として働く人達は今後ますます厳しくなってくるに違いないです。
ならない方がいい病院の仕事ナンバーワンは医療事務に決定です。
医療事務に転職したのはまずかったかな〜と思ってます。