病名略語でレセプトチェックしよう

イレウスチューブ翌日後のドレーン法はその他だと思う

イレウス用ロングチューブ挿入法610点
ガストログラフィン経口注腸用
親水性イレウスチューブ

下腹部
造影剤使用写真診断
造影剤使用撮影デジタル
電子画像管理加算造影剤使用撮影
胃胃十二指腸ゾンデ挿入による造影剤注入手技120
電子監理媒体

イレウスチューブ翌日以降のドレーン法はその他なのか?持続吸引なのか?

むしろ排出し過ぎは脱水

以下のような記載があるならば、
イレウスチューブ開放指示あり、ウロバックへつなぎ開放する。
固定部170cmにて確認。胆汁様の排液少量ずる流出あり。
自然落下で排液中。

開放、機械繋いでいなく、圧がかかってない。
こういう場合はその他25点でしょう。

おそらく、圧をかけて吸入する場合としない場合があり、 しない場合はその他、する場合は持続吸引で算定すると思われます。

ちなみに気胸など胸腔ドレーンはポンプに繋ぐなど機械につなぐ一定の圧で吸引し続けるためドレーン法持続50点です。

病院の受付会計で勉強へ戻る。

おすすめ

腫瘍マーカーの疑い病名一覧。病名付けるとき楽です!

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:シャーレの算定の仕方
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定