病名略語でレセプトチェックしよう

インフルエンザ予防接種は9月から予約開始した方がいい

インフルエンザの予防接種は、大体10月に予約を取り始め、11月に接種をはじめる医療機関が多いと思います。
ですが、市町村によっては、殆ど10月から接種が始まるのです。
助成の予防接種は10月から接種してもいいということは、9月から予約の広告活動を始めないと遅いです。

高齢者の囲い込みは重要なので予約は早ければ早いほうがいいです。
案内が遅れると、高齢者はどこか近くのクリニックなどでしてしまいますから。
自分の病院の患者は自分で打ってあげるのが筋ってもんです。

インフルエンザはいつごろ受けたほうがいいの?

一般的に重症化の予防効果があるとされる予防注射。
効果が出るまでに2週間、その後、3〜半年は持続すると言われています。(厚生労働省では持続効果について案内無し)
つまり、9月に予約開始して10月に打っても問題ないわけです。
以下、厚生労働省のQ&Aから記載します。

Q.19: インフルエンザワクチンの接種はいつ頃受けるのがよいですか?
日本では、インフルエンザは例年12月〜3月頃に流行します。
また、ワクチン接種による効果が出現するまでに2週間程度を要することから、
毎年12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。

Q.21: ワクチンの接種量及び接種回数は年齢によって違いはありますか?
インフルエンザワクチンの接種量及び接種回数は次のとおりです。
(1)6カ月以上3歳未満の方 1回0.25mL 2回接種
(2)3歳以上13歳未満の方 1回0.5mL 2回接種
(3)13歳以上の方 1回0.5mL 1回接種
1回目の接種時に12歳で2回目の接種時に13歳になっていた場合でも、12歳として考えて2回目の接種を行っていただいてかまいません。
注1)13歳以上の基礎疾患(慢性疾患)のある方で、著しく免疫が抑制されている状態にあると考えられる方などは、医師の判断で2回接種となる場合があります。
注2)一部のワクチンは、(1)については「1歳以上3歳未満の方 1回0.25mL 2回接種」となります。

インフルエンザ予防注射の効果はないという意見も

一方、インフルエンザの予防注射の効果はない、効果があるのは2割などという研究結果があります。
皆様も予防接種したのにインフルエンザにかかったことがある人は多いと思います。
私もそうです。
それでも、重症化の予防の為を謳い文句に病院は予防接種を行うのです。
民間病院であっても、役所が助成する予防接種を行うのは義務ですからね。

バイトで病院を運営するような病院では、インフルエンザ接種が面倒と言われがちです。
事務の力で実施期間を拡大し、打つだけで約2000円〜4000円位ですから多く実施しましょう。
そのうちの何割かは、患者さんになって来訪するのですから。