病名略語でレセプトチェックしよう

アルブミン定量のレセプトコメント

アルブミン定量は3ヶ月に一回しか算定できません。
3ヶ月に1回を証明するためにレセプトで前回検査日のコメントが必要です。
アルブミン定量は、糖尿病が確定している場合、糖尿病性腎症の疑い病名をつけるわけですが、事務でも糖尿病性腎症の病名はつけれそうです。

糖尿病性腎症は1期から5期まであるぞ

病期 尿アルブミン値(mg/gCr)あるいは尿蛋白値(g/gCr) GFR(eGFR)(ml/分/1.73m2)
糖尿病性腎症第1期(腎症前期) 正常アルブミン尿(30 未満) 30以上
糖尿病性腎症第2期(早期腎症期) 微量アルブミン尿(30〜299) 30以上
糖尿病性腎症第3期(顕性腎症期) 顕性アルブミン尿(300 以上)あるいは持続性蛋白尿(0.5以上) 30以上
糖尿病性腎症第4期(腎不全期) 問わない 30未満
糖尿病性腎症第5期(透析療法期) 透析療法中
参考:http://www.jsn.or.jp/academicinfo/ckd/dm_nephro.pdf