病名略語でレセプトチェックしよう

NTTのかいけい博士、使い方マニュアル

NTTデータの会計博士というふざけた名前の医事レセプトです。
ほかのメーカーの電子カルテと相乗りして使う前提の変わったレセコンです。
操作方法が複雑で、患者数が200〜300人ぐらいが限界です。
患者数が1000人を超えるならソフトウェア・サービスが一番使いやすいです。

いいところはダントツに安いらしいです。
富士通のHOPEなどの大手メーカーは値段が高いですが、それよりもソフトウェア・サービスが安い。
さらにその3分の1ぐらいで相乗り電子カルテが導入できるぐらいの安さだそうです。
導入した病院は安さだけで選んだらしいです。
ですが、運用はせっかく電子カルテを入れたのに、ペーパーレスにはならず、紙カルテ運用のままになり、結局対応人数が増えないという結果になります。
対応人数が増えないと病院の収入は上がりませんよね?
売り上げアップや電子カルテ導入代をペイするとかじゃなく、紙カルテ時代の手間やミスを減らしたいだけのような感じがします。

会計博士はできないことが多すぎる

例えば甲状腺検査2項目が自動でまとめれないだとか
生化1が分割オーダーされていたとき自動でまとめれないだとか
人工腎臓その他以外で薬剤が包括にできないだとか、
呼吸器リハビリテーション料で算定できないものを設定できないだとか、
すべて人が修正するため、修正する多大な時間に加え、ミスによる返戻と増減点の多さ
ベテラン君で対策するとしても結局は手修正。

未取り込み、統計に非常に弱いだとか、リハビリが他システムなため発症日が連携していないだとか月遅れ返戻が紙請求だとか。
これを5年ぐらい繰り返すと、新しいレセプトコンピューター(PC台数100台以上)が買い換えれるほど損失をだしているということ。
結局は相乗りの安いレセコン(アイバース等)になるのでこの不生産さからは逃れられないだろうが。
せめてソフトウェアサービスを導入していればこんなことにはならなかったのに。

NTTのかいけい博士、使い方マニュアル

POSレジ トラブル解決方法 ALMEX

ベテランくんで中心静脈の包括設定を外す

療養病棟から一般病棟へ転棟で3日前の包括をはずす方法

未取り込みを電子カルテMIRAIsで多目的DBで見つける

NTT会計はかせで更生医療の上限と1割の入力ミス

NTT会計はかせで過去入院請求のマイナス請求の作り方

NTT会計はかせで保険訂正できないときどうすれば?

べてらん君の「?初診料を算定できる可能性があります」を消す方法

ベテラン君で科別と医師別で並べてレセプトを印刷する方法

強制入力で1を立てる項目が表示されない対策

会計はかせのレセプト一部負担金の修正方法

会計はかせの関連ツール紹介

月間入力する方法

フリーコメントを入力する

包括を強制算定したい、逆に包括にしたい

負担額が10円ずれたりするのを直す方法

難病で他院の自己負担額を入力する方法

請求書の返金画面を作る方法

算定患者を探す、レセプト処理をスキップしました

事故明細書の受傷日、初診日、労災の新規、継続

一日づつ、ひと月まとめて保険移行する方法

入院の定期請求を作成する方法

請求書の金額を0円にする方法