病名略語でレセプトチェックしよう

留置カテーテル設置はゆりりんの疑い病名×、尿道拡張と同日処方の抗生物質

尿道拡張法と同日に抗生物質が出ていると膀胱炎などが無いと査定された

入院とかで昔についた炎症病名を放置し、
尿道拡張法をして、
抗生物質が突然数日分(3日など)が泌尿器科で出ると、
泌尿器科関連の急性炎症病名がないと
抗生物質が減点された。

こういうのもベテラン君のエラー作成で対策した。

留置カテーテル設置はゆりりんの疑い病名だめ

ゆりりんで残尿測定して、レセプト病名で神経因性膀胱の疑いや、心因性排尿障害の疑いなど
疑い病名をつけていると、

留置カーテル設置をしたとき、留置カテーテル設置が疑い病名のため査定されました。

留置カテーテル設置や交換での生食500mlは機材の洗浄のために使用してはいけない

留置カテーテル設置・交換で生理食塩水PL500ml
コメント「同時に膀胱洗浄のため生理食塩液500mlを使用しました」コメント。
膀胱洗浄は同時に算定できない。

ミスや算定漏れ一覧へ戻る。

おすすめ

腫瘍マーカーの疑い病名一覧。病名付けるとき楽です!

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:シャーレの算定の仕方
医療事務1年目:副木固定とギプスの違い
医療事務1年目:ギプス修理料、シャーレ、シーネの算定。
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定