病名略語でレセプトチェックしよう

透析の前後・βマクログロブリン月2回の採血検査が減点・査定の例

支払基金などの審査側のIT化により、透析等関係なくチェックされるようになり、 昔から算定できていた検査が減点・査定される時がある。

外来透析は管理料で包括だし、入院中もいろいろな検査に紛れるため、あまり表に出ない。
透析のスクリーニング検査だけがピンポイントで減点・査定されることは稀。
されたときは異議申立てしないといけない。

透析スクリーニング検査の透析後が査定

ALB、BUN、クレアチニン、UA、ナトリウム及びクロール、カリウム、カルシウム、無機リン及びリン酸 99点

透析スクリーニング検査(透析前・透析後)の検査です。透析前と後を比較することで当該患者の透析効率、電解質のバランス、リンがどれだけひけたか確認するために検査しました。

オンライン透析時のβマクログロブリンの2回目が減点

(オンライン透析以外はβマクログロブリンは1回以上する必要がない)

透析の合併症である透析アミロイドーシスを予防・早期発見のため、オンライン透析前後でどれぐらいβマクログロブリンがひけたか消化するために検査している。

また、上記で効果があったのか、再審査結果を掲載したいと思います。

ミスや算定漏れ一覧へ戻る。

おすすめ

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定