病名略語でレセプトチェックしよう

透析で定期検査が減点の理由は?梅毒トレポネーマ抗体定性

慢性維持透析患者外来医学管理料はスクリーニング検査は認められないとある。(審査側の意見だが減点される側は受け止めなければならない)
ですけど、定期検査でなければ認められる。
定期検査に見えないように請求すればいい。
(梅毒STS法は管理料包括なのにTP法は包括ではない理由はさだかではない)

定期検査であっても、定期感染症検査施行など、スクリーニングを匂わせるコメントを入れると減点対象。
社保基金で1日で全員に梅毒トレポネーマ抗体定性を算定し、全員にする検査はスクリーニングと判断・審査され減点というケースもあった。

透析はほとんど、
心エコー、胸部、腹部、頭部CT、MRI、頚部レントゲンなど
スクリーニングで算定できるが、
スクリーニングと書くと減点の対象になるので、
患者一人ひとり無作為にバラバラに行い、
必然性があったコメントを入れると、
算定できると思われる。

(そんなこというと、透析採血は前期後期で一般的にするので、後期のカルシウムとP(リン)を、パルス療法時(オキサロール算定時)算定するけど、これってあからさまにスクリーニングになるよねってなるけど。)

ミスや算定漏れ一覧へ戻る。

おすすめ

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定