病名略語でレセプトチェックしよう

特定疾患処方管理料の減点、長期65点が短期18点へ

やはり電子カルテなどの自動修正が入っていないレセコンでは減点がたまにあります。
その一つが特定疾患処方管理料の長期と短期の減点ですね。

診療所または許可病床数が200床未満の病院においてのみ算定、 生活習慣病などの厚生労働省の定められた疾患に対して 28日以上なら65点を月1回、 28日以下ならば18点を月2回算定できるわけです。

薬の薬効が特定疾患でないなら短期18点で算定する

事務連絡問1にあるとおり、 特定疾患を主病名に対する投薬で65点加算なので、 特定疾患が主病名に入っているが、飲み合わせの胃薬や、逆流性食道炎、通風などが28日分でていても65点は算定できず18点で算定する。 さらに外用薬でも18点は算定できる。

院外処方箋の時も算定できる。

中年〜高齢者は大抵何らかの生活習慣病を持っているので入力しておけば、全く他の薬が出ても算定できることになります。
例えば癌術後、脳梗塞後遺症、高血圧、脂質異常など。
さらに上記の変動のない特定疾患で、医師の指導管理をしてもらえれば.104特定疾患療養管理料も算定してしまいましょう。