病名略語でレセプトチェックしよう

他院で緊急透析開始で保険証を確認しないミス

透析じゃない患者が当院から緊急透析のために転院。
透析病院で透析開始になった。
うちの病院ではもちろん身体障害者や丸長はない。
まだ申請していし、確認もしていないから。

透析を開始して身体障害者取得すると紹介元の病院も500円までになる

だけど、透析病院で透析になったら
透析開始日から有効の身体障害者(高齢なら87)、丸長を
緊急透析開始日から申請する。

すると、うちの病院は透析してないけど、
緊急透析日に診察をしているので、その身体障害者の保険証が必要になる。
確認を忘れていました…

なかなか医療事務の仕事も奥深いです。
ちなみに、透析の特定疾病丸長が一万円の場合、負担額10000万円以下の場合は丸長の記載を削除しないといけません。
これは最新の電子カルテでも手作業だったりします。

おすすめ

医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定