病名略語でレセプトチェックしよう

三連痰の保険請求。抗酸菌分離培養検査(それ以外)×3

肺結核の疑いの検査です。

三連痰の保険請求の仕方

S-Mは同一起因菌1個までしか算定できないので1回しか算定できない。
S-Mを別日で減点=顕微鏡検査は一日に1回算定。
S-Mを2回、細菌培養同定検査は同一起因菌に対して一回の算定。
2回算定しているため1回に減点。

抗酸菌(それ以外)も2回は1回では?という疑問が出ましたが、
これは結核菌の除外のために3回行っているためです。
三連痰と呼ばれる検査方法で、1日一回、一気に飛んでくる病院も有ります。

もし、肺結核の疑いで、三連痰が減点された場合は、
以下の詳記で再請求してください。
一般的に肺結核の除外は喀痰検査を3日間行うことが推奨されており、それにのっとり検査を行った。
三連痰の保険請求。抗酸菌分離培養検査(それ以外)×3回が一般的です。

ミスや算定漏れ一覧へ戻る。

おすすめ

新型コロナウイルスのレセプトサンプル:高原検査の保険算定 PCR検査の保険算定

腫瘍マーカーの疑い病名一覧。病名付けるとき楽です!

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
トピックス:高心食は特別食加算をできない、
トピックス:新型コロナは救急医療管理加算1が1倍、2倍、3倍算定できる
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:シャーレの算定の仕方
医療事務1年目:副木固定とギプスの違い
医療事務1年目:ギプス修理料、シャーレ、シーネの算定。
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定
お問い合わせ・質問・依頼
田舎の医療事務でよければ診療点数の質問についてお答えします。情報提供や訂正依頼などもお願いします。