病名略語でレセプトチェックしよう

患者ロッカーのキー紛失でマスターキーわからずドア壊した

もう二度と下っ端で療養型病院では働きたくないんですが、小さい病院で働いているとワンオペなんですよ。
(私が主任や課長なら絶対下に毎日苦しくて忙しくて辛くてこんなミスを誘発させる業務はさせないですけどね)
外来やっているのに1人出勤とかもあるんですが、同僚達と仲が悪いため会話したくないんですよ。
一人出勤だと簡単なことでいちいち休みの職員に電話したくないんですよ。
上司や医師は別ですよ。

小さい病院って言うのは何をしても人のせいにされるわけで、どんな方法をとってもすべて私のせいにされるんですから、 休日に電話したというマイナスと、電話しなかった結果のマイナスをつい天秤にかけてしまいがちです。

一人出勤だと、電気つけたり、暖房つけたり、鍵開けたり、蛍光灯変えたりいろんな仕事をするわけなんですが、 人の入れ替わりの激しい病院だと「申し送りされない盲点があったな」と実感したので記事にしました。

私の失敗から学ぶ申し送りされない仕事

病院の資材課が行う備品チェックという盲点です。
蛍光灯や病棟看護師が使う消耗品の場所は大体わかりました。
だから、何を聞かれてもわかります。
ですけど、病棟のデイルームや患者の病室の消耗品のことまではわからなかった。

上げればきりがないんですが、最近の私のミスをご紹介。

患者ロッカーのキー紛失でマスターキーわからずドア壊した

患者ロッカーのキーを間違って看護師が預かってしまったらしく、 看護師が患者ロッカーのキーを紛失してしまったらしい。
マスターキーが探しても見つからない。
同時進行で患者の体調不良対応をしていたので、 内視鏡後、検査着を着たまま開かないロッカー前で待つ患者をこれ以上待たせられないと思い、 どうせマスターキーないんだろうということでロッカーのドアを壊して開けたんですが、 次の日同僚に聞くとロッカーのマスターキーがあったんですよ。

一人で仕事をしていると、たった一人の患者が体調不良を起こしてつきっきりになるともうダメです。
内視鏡後の体調不良は焦りますし、本当は片っ端から職員に電話でマスターキーの場所を聞くべきですが、 患者を何十分待たせるんだということですし、業務的にオーバーです。
(さらに入院費会計、保険証確認、文書申し込みも一人でやって一日終わったらレジ閉めして患者集計業務ですよ…)

不可能なことをさせる職場って言うのは完全にブラックです。
私も本当に毎日後味が悪いし、今年なんてボーナス査定がいつもの15分の1でしたし、精神的にも辛い状態ですね。