病名略語でレセプトチェックしよう

経尿道的尿管ステント留置・抜去と同日に行った造影尿管写真診断

経尿道的尿管ステント留置・抜去と同日に行った造影尿管写真診断は算定したほうがいい。
(仙骨硬膜外麻酔を使うこともある)

術中撮影なので算定しないという解釈もあるが、
診療点数早見表には
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 3400点
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 1300点

内視鏡検査に係る費用は所定点数に含まれ別に算定できないと有り、写真造影診断が算定できないとは書かれていない。
(普通なら、内視鏡及び検査に係る費用は算定しないと書く)

造影写真撮影は1500点ほどあり、1回15000円と高額。
算定しないより算定する解釈ととらえたほうがいいのではないかと思っている。

腎臓尿管造影写真診断の算定例

腎臓尿管(部位)
造影剤使用撮影の写真診断 72点
造影剤使用撮影(デジタル撮影) 154点
画像電子管理加算 66点
腎盂内注入(尿管カテーテル法を含む) 1200点
電子管理媒体
ウログラフィン注射60%20ml 46点
これで約1500点

ミスや算定漏れ一覧へ戻る。

おすすめ

腫瘍マーカーの疑い病名一覧。病名付けるとき楽です!

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:シャーレの算定の仕方
医療事務1年目:副木固定とギプスの違い
医療事務1年目:ギプス修理料、シャーレ、シーネの算定。
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定