病名略語でレセプトチェックしよう

外泊の入院料と食事代の入力方法

入院の計算をしていました。
昼食を食べた後外泊と。
レセコンのメディコムの入院入力画面で食事を2と入力。
そして外泊を入れると、食事が消えてしまうではありませんか。
なぜ?

レセコンが余りにも使いにくく古すぎて、過去の外泊計算を見ても、紙カルテだからすぐに理由がわからなかったのです。
他病院の上司に聞いたところ、すぐ解決できました。お恥ずかしい話です。入力方法のご紹介です。

昼食を食べた後、外泊し、次の日帰って来ました

食事代は2回分かかり、入院料がかかります。
1泊2日だと医療費は安くならないんですね。

昼食を食べた後、外泊し、次の日は帰らず、その次の日に帰ってきました

食事代は2回分かかり、1日目は入院料がかかり、
その次の日は、入院料減算15%がかかります。
2泊3日で初めて外泊1日が発生します。

入院基本料の外泊の考え方は丸1日(0時から24時まで)部屋を開けたとき

入院中の患者の外泊中の入院料については、入院基本料の15%、または特定入院料の15%を算定することになっています。
(外泊期間中も入院期間に算入する)

入院料の外泊の考え方は、24時間部屋を空けたときとされています。
外泊とは、0時から24時まで24時間病室を使用してない日を1日と数えるのです。

ですから、昼ごはんを食べてから家に帰って泊まって、次の日帰ってきた場合、 病棟、ナースや医者の説明では外泊OK!って言われたかもしれませんが、 医療費の診療報酬上1泊だと外泊扱い(外泊期間)にはならないのです。

2泊3日で初めて外泊が1日と算定され、入院料が減算されます。

ホテルも同じで、部屋を確保(ベッドを確保)するから部屋代が発生するという感じですね。