病名略語でレセプトチェックしよう

褥瘡のデブリードメントの点数は?皮膚切開しかない理由

例えば踵に2cm程度の褥瘡があり壊死組織を認める。
5cm程度のポケットを形成している。
A)褥瘡
P)手術室で切開。デブリードメント。
デブリードメントで皮膚欠損材使用。

デブリードメント1020点は算定できない。
デブリードメントは皮膚移植を前提とした手術行為のため。
名前が一緒なので間違って飛ばす医師が多い。
でも、感染症予防のため手術室を使用することが多いため、たった470点の皮膚切開では手術室を使いにくいということか。

結局、皮膚切開術5センチ未満470点で算定するしか無いと思われます。
(550点のマイナスですが、創部を生食洗浄施行した後、皮膚欠損剤貼り付け・フィルムドレッシングが一般的で 縫合もしないので縫合・創傷処理は算定できないし)

病名は、
踵部褥瘡
踵部皮膚欠損創
皮膚欠損材には使用開始日を入れる。

ミスや算定漏れ一覧へ戻る。

おすすめ

腫瘍マーカーの疑い病名一覧。病名付けるとき楽です!

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:シャーレの算定の仕方
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定