病名略語でレセプトチェックしよう

ミスや算定漏れ一覧

私が最近してしまった事務ミスの一覧です。
本当は1日外来患者数1200人の総合病院勤務の時なら充実したのですが、暇がありませんでした。
今は1日外来患者数20人ぐらいの療養型病院なので書けますのでゆっくり書いていこうと思います。

医療事務は、いわば駅です。ステイションです。
医者、看護師、地域医療、ソーシャルワーカー発の情報など、
どんどん連絡もなくカルテに記載したり糊付けしたりするので、
それをうまく、拾い上げて言って点数にし請求する。
その請求が病院職員達の給料になり運営の力になる。

病院には業務の流れがあってその流れに沿うと医療事務が点数に換算できる。

医療事務側で起こるミスは以下のようなものがあります

昔の流れがそのままで、現在の環境に合っていない流れや、
医事課の立場が弱いため導線を関係ない部署が作っている、
医療事務に情報があるのにも関わらず担当者が知らない
各部署が勝手にやっている、忙しかった、忘れていた
各部署が知らないでやっている、初めての例だった

などが原因で点数に反映できない場合に起こるのが医療事務側のミスです。

ミスや算定漏れ一覧

12

協会けんぽで紹介状発行は実費?混合診療の判断は?

ヘリコバクタ・ピロリ検査はPPI中止しないと減点される

減点・査定理由ビーフリード輸液でフロセミド錠とラシックス注

留置カテーテル設置はゆりりんの疑い病名×、尿道拡張と同日処方の抗生物質

結核菌群拡散提出の回数3回が査定は復活?胃液洗浄ではなく検査目的は胃液採取

アルベカシン点滴が敗血症性肺炎やMRSA感染症で減点

SStape、SSテープ6歳未満は創傷処理算定できます

月途中の乳幼児加算がなくなる患者は6才到達で算定を発見したほうが早い

褥瘡のデブリードメントの点数は?皮膚切開しかない理由

胃瘻交換エンドビブボタンを4ヶ月以内に交換の点数は?

イントラリポス輸液 食事療養費あるため査定

院内コンサルト再診2科、別病名・主訴は同日初診

経皮的酸素飽和度が半分、心臓モニター呼吸心拍監視14日に減点・査定

70歳未満 区分オ 低所得I 70才以下で非課税世帯はあり得ない

透析の前後・βマクログロブリン月2回の採血検査が減点・査定の例

外来での『抜釘目的の』骨内異物・筋肉内異物は過剰

腸瘻チューブ交換の点数。材料は4ヶ月に1回(PEG-Jカテーテル

針は1日1本、ボタンは4か月に1個、特定入院料と同月の判断料は減点

胃瘻造設 気管切開術後 翌日より7日創傷処置52点算定可能

リコモジュリンやプリンペランの出血禁忌は疑いでも減点対象

胃病理のピロリ菌検査,鏡検法(ギムザ染色)の点数は0点のため赤字

子供でCTの加算で睡眠薬で賦活する加算の名前は?

骨切り術(大腿・下腿)(脛骨・腓骨)で同日2回算定が減点される見解

膀胱腫瘍で膀胱悪性腫瘍手術が算定できる理由

止血用アンギオシールの減点理由

下大静脈フィルター留置術で別でシースーとガイドワイヤー算定できない理由

逓減の外し方、頓服は15日処方まで

穿刺液一般検査の保険点数は0点ではない

透析で定期検査が減点の理由は?梅毒トレポネーマ抗体定性

ポリペク時のインジゴカルミン注は算定できない理由

在宅気管切開患者指導管理料でカヌレ(材料)算定できるか

返戻:アムロジピンとシルニジピン併用は腎機能低下とか腎機能障害必要

返戻:尿沈渣(鏡検法)の算定について詳記してください

返戻:食事標準負担額についてご確認下さい

返戻:保険証、資格喪失後受診、記号・番号の誤り等

返戻:手術後医学管理料は入院開始日(入院起算日)より

手術でボスミン注が減点される理由は禁忌

スーチャーボタンテープの関節鏡は二本

画像診断管理加算1算定漏れてない?

運動器リハビリが減点される理由はギプス中、術後感染

12