病名略語でレセプトチェックしよう

レセプトで複数の助成、特定疾患、身体障害者を分ける入力方法

たとえば、複数の助成があるとして、特定疾患、外に分けたいとする。
51 公費 特定疾患
88 身障 身体障害
を持っていて、特定疾患と身障に分けたいときの方法です。
メディコムのレセコンで医療費助成のレセプト記載の入力方法を紹介。
※サンヨーメディコムのレセコンの入力方法です。

ディフォルトでは51と88が有効になった点数が入力されます。
すなわち、フラグが1と1です。
これを確認するには、
計算画面でF4、環境設定、負担区分を見る。
1110となっている。

公費を選んだ状態で入力したいとき

タブで進むと、
1 保険 39272273 保険
1 公1 51276012 特定疾患
1 公2 88270285 身体障害者

となっている。
初期入力のディフォルトを変えたいならここで、
1 保険 39272273 保険
0 公1 51276012 特定疾患
1 公2 88270285 身体障害者

とすれば、51を使わないで88だけで入力することができる。

入力後に区分を変更したいとき

入力点数をカーソルで持っていって修正ボタンを押す。
下のほうに負担区分があるのでそこを変更する。

レセプトプレビューで確認する

計算画面からF11→2明細画面表示
レセプトの一番下、
@
A
に点数が割り振られているかでわかる。