病名略語でレセプトチェックしよう

電子カルテの総量オーダーを会計はかせで薬剤単位(瓶など)に分ける方法

例えばナファモスタット100ml使ったと電子カルテに入力。
会計博士にナファモスタット100mlと飛んでくるわけだが、
採用薬がナファモスタット50mgなので、50mgが100管で請求してしまう。

これをナファモスタットメシル「F」50mg×2瓶に変換する方法

汎用マスタのコードTG6001で飛んでくるから
ミライズのマスタメンテナンス、汎用行為詳細情報
で薬剤コードを入れる

トータル量100mgを50mg2瓶にしたい
50で割りたいときは、
医事I/Fメンテナンスの
汎用コードならば 40Y 処置 薬品マスタ
単位区分/ 単位変換量50
にすると
2瓶で飛んでくる。

渡しはヘパリンとかでも利用している。
ヘパリン総量2000mlなら2000管で飛んできてしまうから、2000で割ったほうがミスを防ぎやすい。