病名略語でレセプトチェックしよう

バンコマイシン点滴A査定。カテ先からの血培で腸球菌は×、別の培養結果は?

病名は多剤耐性腸球菌感染症。
バンコマイシン点滴静注を約11日使用したところ、4日ほどで突然A査定された。
通常バンコマイシンは14日使用可能。

多剤耐性腸球菌感染症でバンコマイシンA査定の真相

バンコマイシン点滴静注用0.5gがA査定された。
病名は多剤耐性腸球菌感染症が入っていた。

国保連合会に問い合わせた結果、
審査の結果、多剤耐性腸球菌感染症は病名が弱いと。
多剤耐性の種類などの記載がないからA査定になったと。

CV挿入中の患者で、カテ先の血液培養(血培)をしたら腸球菌が検出された。
バンコマイシンを投与した所よく効いた。
(バンコマイシン耐性腸球菌感染症ではないということ、そうなら感染症発生届け書かないといけないので危険)

カテ先 腸球菌 CV挿入から腸球菌判明なら危険。
病名は多剤耐性腸球菌感染症ではない!

別の培養結果を探す。
血培でMRSA+ならMRSA敗血症だし、
気道でMRSA+ならMRSA肺炎等。

多剤耐性腸球菌感染症はできるだけ使用しない。
ということで、査定事例から回避しようと思います。

薬でつけるレセの確定病名へ戻る。

おすすめ

腫瘍マーカーの疑い病名一覧。病名付けるとき楽です!

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:シャーレの算定の仕方
医療事務1年目:副木固定とギプスの違い
医療事務1年目:ギプス修理料、シャーレ、シーネの算定。
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定