病名略語でレセプトチェックしよう

8錠4000mg以上可能?サラゾスルファピリジン500mgを16錠=8g初回投与について

サラゾスルファピリジン500mgを16錠=8g初回投与について。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/orltokyo/60/1/60_52/_pdf

数十年前に潰瘍性大腸炎、
そして、潰瘍性大腸炎の再発
これを初回とし、
サラゾスルファピリジン500mgを16錠=8000mg=8g(初回)処方したら
で2錠に査定・減点された。

問合せしたら、2錠に査定は間違っていました、4000mgなので8錠まででしたというが、サラゾスルファピリジンの初回治療は症状によっては8000mg可能とあります。

サラゾスルファピリジン

商品名:サラゾピリン錠 500mg,同坐剤 500mg
用法・用量:
(錠):1日4〜8錠(2〜4g)を4〜6回に分服する。症状により初回毎日16錠(8g)を用いても差しつかえない。この場合 3週間を過ぎれば次第に減量し・・・とある。

つまり、16錠=8000mg=8gを3週間投薬可能ということで再審査提出した。

薬でつけるレセの確定病名へ戻る。

おすすめ

新型コロナウイルスのレセプトサンプル:高原検査の保険算定 PCR検査の保険算定

腫瘍マーカーの疑い病名一覧。病名付けるとき楽です!

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
トピックス:高心食は特別食加算をできない、
トピックス:新型コロナは救急医療管理加算1が1倍、2倍、3倍算定できる
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:シャーレの算定の仕方
医療事務1年目:副木固定とギプスの違い
医療事務1年目:ギプス修理料、シャーレ、シーネの算定。
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定
●文書係の気付いたことメモ(意外とお勧め)
ペースメーカーで自立支援医療と身体障害の書き方。1枚でいい?開始日は?
整形で手術とリハビリの自立支援医療受給者証の更新と申請の注意事項
更生医療は入外合算、丸長は入外共通ではない
特発性拡張型心筋症 臨床調査個人票 診断基準の注意事項
お問い合わせ・質問・依頼
田舎の医療事務でよければ診療点数の質問についてお答えします。情報提供や訂正依頼などもお願いします。