病名略語でレセプトチェックしよう

ゲンタシン軟膏

ゲンタシン軟膏なんかも点数が低いのにもかかわらず査定されることがあります。
いちいちこんな少ない点数で査定してこないでほしいですよね。
そんな時は、レセプト病名で固めましょう。

挫傷や挫滅創、切創などの病名でレセプトが通る。
なぜなら、二次感染の予防に対してだから。

だけれども、湿疹や皮脂欠乏症などでは査定される。
なぜだろう。
そういう場合は、湿疹の二次感染や皮脂欠乏症の二次感染などの病名を追加でつける。

手術の創部処置の時も同じく、術後創部の二次感染などの病名をつけておくと、いちいち細かいところで査定されなくて済む。

薬でつけるレセの確定病名へ戻る。

おすすめ

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定