病名略語でレセプトチェックしよう

FOBTでHb-Tfは2回法の病名

大腸癌検診= Hb-Tf(金コロイド)

ですが、
便に血が混じっているかの検査です
結果+の場合、

FOBT とカルテに書かれたりします
便潜血反応陽性

この検査は2回法です。
2回算定できます。

ただ単に血が混じっているかどうかという簡単な検査です。
1回では血が混じっていない可能性があるので
2日に分けて便を採取するという感じになっています。
病名は大腸がんの疑いです。

便潜血陽性(血が混じっている)と次はCF(大腸ファイバー)の検査で実際に内視鏡で確認という流れになります。

肺結核の喀痰検出や、血液培養なんかも複数回行われます。
一度で結果が100%出るかどうかわからないからです。

薬でつけるレセの確定病名へ戻る。

おすすめ

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定