病名略語でレセプトチェックしよう

整理中:透析で算定可能な薬剤、検査

透析で算定可能な薬剤、検査を整理中です。 まだ書き始めたばかりなのでどんどん追加予定です。

包括にならない算定可能な項目

※特定疾患療養管理料は算定可能です。ソースは不明。

処置注射薬剤

ロカルトロール=オキサロール
パルス療法:二次性副甲状腺機能亢進症。
強力ミノファーゲン
角質の水分低下による透析患者の皮膚掻痒症。
エルカルチン
カルニチン欠乏症
酸素
酸素95点と酸素代が算定可能。在宅酸素算定時は不可。 3209 95 40
オステオカルシン
透析患者の繊維性骨炎に代表される高回転骨の診断。
BAP
骨型アルカリフォスファターゼ、PTHに対する骨反応性の指標をBAP。生命予後指標になる。

次回記載 33 34

検体検査

PT
透析による止血異常鑑別のため。
亜鉛ZN
正常値なら疑い病名を中止。 亜鉛欠乏したらなぜ亜鉛をしたかコメントが必要。 Znを測定することにより貧血原因を早期に発見し予防に有効です。

包括になる処置検査薬剤

ネスプ
ヘパリン、ダルテヘパリン
透析液

医療事務向けレセプト算定技術へ戻る。

おすすめ

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定