病名略語でレセプトチェックしよう

酸素が7200リットル以上で査定?14400まで請求できる

大阪ではひと月7200リットル以上請求しないルールがあるが、(以上でも事務が修正する)
一般的にはひと月14400リットル、1時間10リットルまで請求できる。
請求するには毎回症状詳記を添付すること。

医療事務向けレセプト算定技術へ戻る。

おすすめ

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定