病名略語でレセプトチェックしよう

おできが腰にできて切開。病名と計算方法は?

腰のおできの写真、潰れる寸前

腰におできができました。「おでき」は毛包の細菌感染による物で、「せつ」ともいいます。
皮下膿瘍だとおでき意外にもいろいろな病気がふくまれるため、病名をつけるときは「せつ」でいいです。
寝るとき寝返りで激痛です。アイタタタ!って叫ぶぐらいの。
日がたつと皮膚の下にあったもの(膿?)がだんだん上に上がってきた感じ。
もっと上にあがってこれば、最後はやっぱり針で潰すんでしょうな。

それにしても大きい…困った。
膿がたまっているであろう部分が1cmぐらいある。
これは潰したらえらいことになるだろうな、芯が取り出せなかったらまた再発するのでありましょう。
病院に行った方がいいのか、職場は病院なんですけど。
看護師に見られるのは恥ずかしいし、メスで刺されるのは嫌だな。

自己責任で針で潰すのは今までよくやったけど、ちょっと大きいからとまどってます。

おできを切開した場合の計算方法

初診料270点、皮膚切開470点+抗生剤の投薬になるんでしょう。
3割負担ならば3000円ぐらいです。

注意事項として、皮膚切開をする場合は部位によって点数が違います
皮膚切開術以外にに、部位により肛門周囲膿瘍切開術、乳腺膿瘍切開術、扁桃周囲膿瘍切開術があります。
それぞれ病名に注意して算定しましょう。

おできの芯を取る場合は皮膚皮下腫瘍で算定してください

おできの芯をメスで切り開いて取る場合は、皮膚皮下腫瘍で算定できます。
その場合は、病名は「せつ」ではなく、腰部アテローム、や、腰部皮下膿瘍とします。

普通は切開ですが、再発するので根本から取る場合は切除と考え、皮膚皮下腫瘍摘出術で算定すればいいです。
皮膚切開(470点)と皮膚皮下腫瘍摘出術(露出部だと1660点以上)は、点数が大きく違いますから注意です。

参考ページ:皮膚皮下腫瘍の算定 アテロームや色素性母斑なども算定