病名略語でレセプトチェックしよう

透析で1万円丸長の入力の注意

私も始めて透析を担当したとき教えてもらえませんで返戻になりました。
丸長について私は調べていないし興味もないのですが…
10000円以上負担のときに入力する医療証と思えばいいです。

注意として、患者負担が一万円以下のときは、丸長をはずす必要があります。

見分け方は、
透析検討の診察では丸長を入力しない事。
透析が始まったばかりで患者負担1万円に達しないときは入力しない事。

わかりにくい場合の説明。
1割負担で35400点だったとすると、35400円なので1万円を超えていて丸長の入力が必要。
3500点や270点だったとすると、レセプト上の患者負担は3500円、270円なので丸長の入力は不要。
ということです。

医療事務になってこれを逃して返戻になるとブーイングになるでしょうね。
丸長の1万円で返礼になると、1か月分の透析代が入金されないわけですから。
わからなくて、教えてもらえなくて、知らなくて返礼というのは、誰もが通る道ともいえますが。

病院が大きければ、レセプト請求前に待ったがかかりますが、小さい病院では同僚が仲間とは限りませんからね。
揚げ足を取ろうとして狙っている人ばかりです。 自分で注意できるには幅広い知識が必要ですね。

おすすめ

医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定