病名略語でレセプトチェックしよう

不整脈、頻拍等にカウンターショックをする場合の麻酔の算定

不整脈、 頻拍等にカウンターショックをする場合、静脈麻酔をし、セデーションとして意識を失わせた状態で 行う。

結論としては、静脈麻酔しか算定できないのだが、閉鎖循環式麻酔5のロである6100点を算定可能と解釈できなくもない点もある。
だが、結論はあくまで静脈麻酔でしか算定できない

洞調律のDCを閉鎖循環式麻酔で算定する一理ある考え方

WPW症候群 調律 RR間隔整 narrow QRS
20分以上意識消失をさせる場合、たいていプロポフォールが麻酔を使う。
使っている間はもちろんマスクをしている

静脈麻酔とは 静脈注射用麻酔剤を使用した全身麻酔で、意識消失を伴うものが該当します。
麻酔の実施時間(静脈注射を投与始めた時間を開始時間とし
検査・処置・手術が終わった時間を終了時間とする)
によって算定区分が異なります。

@短時間のもの 実施が10分未満
A長時間のもの 実施が10分以上でマスクまたは気管内挿管による閉鎖的循環的麻酔以外の場合

ちなみにマスクまたはと書いてあり、マスクをすると該当しないことになる。

その場合は
L008マスクまたは気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔になる。
閉鎖循環式麻酔5のロ 6100点

1)ガス麻酔機を利用する閉鎖式 全身麻酔を20分以上算定した場合は本区分で算定する。
2)静脈注射麻酔剤を使って全身麻酔を実施した場合であって
マスク又は酸素または気管内挿管による酸素吸入 20分以上算定した場合本区分で算定する。

(その場合 酸素65点とパルスオキシは取れなくなる)
(必ず20分以上にするというか、20分以上かかっているはずである 大体40分以上かかる)

ですが、閉鎖循環式麻酔は重篤な心機能障害があるときしか算定できないため、
やっぱり カウンターショックのセデーション目的は心機能障害を処置のために故意に起こしているため、
算定できないという結論に戻る。
やっぱり静脈麻酔になる。

医療事務向けレセプト算定技術へ戻る。

おすすめ

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定