病名略語でレセプトチェックしよう

インスリンが院外処方でも注射針は院内で渡す

インスリンの院外処方があった場合でも、
注射針やソフトランセットは糖尿病管理料を算定する病院から渡すのが原則です。

なぜなら、
インスリンの針がなくなったり、
血糖センサーのソフトランセットがなくなったりする場合があるからです。
(院外処方箋で針だけ算定できないことになっています。理由は覚せい剤などに使えるから)
参考:在宅自己注射で針だけ処方していい理由

そもそも、
インスリンは在宅自己注射指導管理料を算定します。
インスリンを使うときの針を処方すれば針加算、
血糖センサーのソフトランセットを処方すれば血糖自己測定器加算。

針とランセットを院外処方にすると、この加算が算定できなくなります。

針が足らないなどの緊急事態、時間外受診の対策になる

さらに、患者が使いすぎたとき、
糖尿病の管理が行き届いていないとき、
針やランセットを使いすぎて足らないとき、気軽に患者に処方できません。
針を時間外でだしてくれない!どうしたらいいんだ!というクレームに繋がりますし。
患者は悪くありませんよ、病院が悪いんです。

なぜならいちいち、院外処方箋をかかないといけなくなるからですね。
ですから、インスリンを院外で出す場合でも原則、針とランセットは院内から出しましょう。

電子カルテ病院ならば、オーダーは院外処方で入ってきますが、そのまま取り込み、注射針加算や血糖測定加算を算定します。