病名略語でレセプトチェックしよう

デキスターの点数は?診察室で血糖測定の値段は?

デキスターは血糖の測定をする検査です。
糖尿病でインシュリンを自己注射する場合、家で図りますがその場合は自己測定器と針は医療費で算定できます。
ですけどインシュリンを自己注射しない人は実費負担になります。
(生活習慣病管理料を算定すれば可能ですが患者負担も増えるのでしてないところも多い、あまり診察費が高いと患者が逃げます)
その場合に有効なのが診察室で毎回デキスターすることですね。

これがまた結構点数を算定できます。
病院の売り上げアップにちょうどいいです。

診察室で1回血糖測定するだけの値段は1610円

気になるデキスターの点数です。
生化学検査1項目
糖試験紙法(血)11点
生化学検査判断料144点
血液採取料(その他)6点
161点=1610円。
血液検査をする場合は上記を除外するので算定できません。
(外来基本セットにグルコースなどが入っているので測定する必要がない)

老人ホームのお話

老人ホームに入っている人はデキスターを使い回しすることもあるらしい。
なぜなら、針は患者持ちだから。
針がむき出しのデキスターの針をいまだに使っている人もいるそうです。
老人ホームと連携しているクリニックなどは、デキスターの針を使いすぎると実費で請求するらしい。
ケチですね。