病名略語でレセプトチェックしよう

バルキー固定の点数

バルキー固定は、浮腫を止める、骨折後の浮腫を止めるために ソフトスプリント(弾性包帯、伸縮性包帯)で強くぐるぐる巻にする圧迫固定のことです。

シーネやギプス、オルソグラスなどを使用していないので保険会社診断書の固定には含まれない。

一般的には点数は算定できない。

創傷処置45点または55点ですが、傷の処置でないと算定は難しい。
整形術後のバルキー固定は算定するものがないので0点という解釈だと思われます。

さらに、保険診療中は実費の材料請求は不可能なので実費で包帯も算定できない。

医療事務向けレセプト算定技術へ戻る。

おすすめ

電子カルテからレセコンへのデータの紐づけができていない以外にも『見えない未収』があります
医療事務 新人への入院担当向け資料
医療事務1年目:輸血の計算方法
医療事務1年目:ギプス算定の種類
医療事務1年目:一連の解釈
新任の整形外科医の算定漏れが多い:SAB注射の算定