病名略語でレセプトチェックしよう

7対1一般病棟入院基本料から自宅退院までの流れ

各病棟における在宅復帰率の割合及び退院先を記載します。

7対1病棟入院料における復帰率

退院した患者の75%が「自宅等に退院するもの」であること

★在宅復帰率の対象患者の退院先
@自宅・居宅介護施設
A地域包括ケア病棟入院料、回復期リハビリテーション病棟入院料、療養病棟入院基本料1(在宅復帰機能強化加算届出病棟)
B介護老人保健施設(在宅復帰機能を持つ施設)

回復期リハビリテーション入院料1又は2の在宅復帰率

退院患者から「他の医療機関へ転院した者等」を除いた割合が70%又は60%

★在宅復帰率の対象患者の退院先
@自宅・居宅介護施設

地域包括ケア病棟入院料における在宅復帰率

「在宅等へ退院するもの」の退院患者に占める割合が70%

★在宅復帰率の対象患者の退院先
@自宅、居宅介護施設
A療養病棟入院基本料1(在宅復帰機能強化加算届出病棟)
B介護老人保健施設(在宅復帰機能を持つ施設)

療養病棟入院基本料1の在宅復帰機能強化加算における復帰率

過去6ヶ月間に1ヶ月以上入院した患者が50%が「在宅に退院した患者」

★在宅復帰率の対象患者の退院先
@自宅・居宅介護施設(在宅生活継続見込患者に限る)

7対1一般病棟入院基本料から自宅退院までの流れ

7:1一般病棟75%→自宅・居宅介護施設
7:1一般病棟75%→回復期リハビリテーション病棟(1は70%、2は60%)→自宅・居宅介護施設
7:1一般病棟75%→地域包括ケア病棟(70%)→自宅・居宅介護施設
7:1一般病棟75%→地域包括ケア病棟(70%)→療養病棟1(在宅復帰機能強化加算届出病棟)50%→自宅・居宅介護施設
7:1一般病棟75%→地域包括ケア病棟(70%)→在宅復帰機能付介護老人保健施設→自宅・居宅介護施設
7:1一般病棟75%→療養病棟1(在宅復帰機能強化加算届出病棟)50%→自宅・居宅介護施設
7:1一般病棟75%→在宅復帰機能付介護老人保健施設→自宅・居宅介護施設